パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」レビュー <“安心感・ちょうど良さ”が売り!ミドルクラスの電気圧力鍋>

共働き家庭や小さなお子さんがいる家庭におすすめなのが、電気圧力鍋。

電気圧力鍋を使えば、調理にかかる時間も手間も減らせるのに、プロが作った「お店の味」を自宅で簡単に再現できます。

食材を入れてボタンを押すだけで料理が完成。火を使わないので、調理中も子供の相手や家事など、他のことに集中できます。

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は2019年7月に販売された電気圧力鍋です

2009年発売の「SR-P37」の後継機として、およそ10年ぶりに発売されました。

「圧力調理」「低温調理」「無水調理」「煮込み調理」「自動調理」が可能で、電気圧力鍋の中ではミドルクラスだと思います。値段はやや高めですが、その分安心感のある製品です。

というわけで、この記事ではパナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」について書いています。

目次

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」の基本情報

パナソニックの電気圧力鍋は現在「SR-MP300」のみ。前機種「SR-P37」は現在生産終了しています。

調理容量約2.0L
満水容量約3.0L
発売時期2019年7月
おすすめの人数1~4人暮らし
加熱方式マイコン式
消費電力700 W
サイズ(幅×奥行×高さ)27.8×29.2×27.0cm
「SR-MP300」が出来ること

  1. 圧力調理:
    最大圧力は70kPa。圧力の調整はできません
  2. 低温調理:
    2段階のみ(70℃ / 85℃)
  3. 無水調理
  4. 煮込み調理
  5. 自動調理(予約調理):
    7メニュー(カレー、肉じゃが、角煮、ヘルシースープ、玄米、黒豆、甘酒)

オーソドックスな電気圧力鍋で、これといった特徴はありませんが、最低限の機能は揃っている印象。誰でも使いやすい製品だと思います。

デザインと外観

パナソニックの電気圧力鍋は炊飯ジャーのような見た目で、内釜も炊飯器の内釜にそっくりです。

ひよこのアイコン画像ひよこ

ボタンも多くなく、直感的に操作できるので高齢者の方でも使いやすいと思います。

サイズ / 容量 / 重量など

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は満水容量が3.0L、調理容量は2.0Lです。
※実際に食材を入れられる容量が「調理容量」

調理容量約2.0L
満水容量約3.0L
炊飯容量白米2〜5合
玄米2〜4合
一度に作れる量カレーなら4~5人分
おすすめの人数1~4人暮らし
サイズ(幅×奥行×高さ)27.8×29.2×27.0cm
重量3.6kg

電気圧力鍋は満水容量が3.0Lの製品が多いので、パナソニック「SR-MP300」も電気圧力鍋の中では一般的な容量です。

パナソニックは「調理容量0.4L=1人前」と考えているため、調理容量が2Lで4~5人前の調理が可能だと説明していますが、実際には5人家族だと物足りないと思います。

個人的には2~3人家族でちょうど良いサイズだと思います。

もしキッチンに置くスペースがあるのであれば、1人暮らしの方にもおすすめです。

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」の性能レビュー

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は以下の調理法が可能です。

調理方法

  1. 圧力調理
  2. 低温調理
  3. 無水調理
  4. 煮込み調理
  5. 自動調理(予約調理)

各機能の性能を検証していきましょう。

①圧力調理

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は圧力が70kPaです。

電気圧力鍋の中では主流の圧力レベルで、強すぎず弱すぎず、最も使い勝手の良い圧力レベルだと思います。
※圧力レベルの手動設定はできません。

時間は1分~60分の範囲で設定可能です。

圧力調理にかかる時間は「設定時間(加圧時間)」+「20~60分」

どの電気圧力鍋も同じですが、実際の調理時間は「設定時間」よりも長くなります。

「設定時間」は、鍋の中の圧力が上がってからの調理時間を示しています。圧力が上がるまでの時間や蒸らし時間は、分量が多いほど長くなります。

電気圧力鍋は圧力がかかるまでや減圧するまでに時間がかかります。
しかし、通常の鍋なら何時間も煮込む必要のある料理では、調理時間を大幅に短縮できます。

メニュー普通の鍋電気圧力鍋短縮時間
角煮約3時間
(180分)
約60分約1/3
黒豆約4時間
(240分)
約60分約1/4
いわしの
生姜煮
約2時間
(120分)
約60分約1/3
電気圧力なべ SR-MP300 | Panasonic

また、パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は、圧力調理の味についての評判がとでも良いです。

「前に使っていた電気圧力鍋とは次元が違うほど良い!」「料理の腕がなくても、急に料理上手になった。」などの口コミも多くありました。

使用感としては、前に使っていた電気圧力鍋とは次元が違うほど良いです。

おそらく、電気圧力鍋のなかでもかなりのハイグレードなクオリティだと思うほどすごい。

豚の角煮からデザートのプリンなど、意外とシンプルな色々な料理を作れます。

amazon
圧力調理なら、お肉がとっても柔らかく仕上がります
圧力調理の定番メニューと言えば、角煮とカレー!
ひよこのアイコン画像ひよこ

圧力調理は、日本人好みの味付けに仕上がりそうです!

②低温調理

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は低温調理も可能です。

温度は70℃と85℃の2種類から選ぶことができます。

温泉卵もカンタン!なべの中を低めの一定温度に保ち、温度調整が難しい調理ができます。

低温調理ボタンを押して30分放置するだけで、美味しいプリンが完成。
カオマンガイやチャーシューも簡単に出来ます。
低温調理を使ったメニュー例

【60℃】ローストビーフ、厚切りステーキ、鮭の西京焼き、サラダチキン、よだれ鶏、鶏ハム、チャーシュー

【65℃】煮込みハンバーグ、鶏の照り焼き、鶏レバニラ、いかめし

【70℃】温泉卵、自家製ベーコン、ぶりの照り焼き、桃のコンポート

【85℃】蒸し鶏サラダ、茶碗蒸し、卵どうふ、プリン

一般的な低温調理を使ったレシピは、60℃台で調理するレシピが多いですが、パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は70℃と85℃の2段階のみ。

そのため、低温調理の王道メニュー「ローストビーフ」「サラダチキン」などを作るのは難しいです。

「たくさん低温調理のレシピを試したい!」という方には、パナソニック「SR-MP300」だと物足りないかもしれません。

低温調理をたくさん試したいと思っている方は、

がおすすめです。

③無水調理

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は無水調理も可能です。

素材の栄養・うまみを生かす無水調理もおまかせ!

鍋とふたを密閉し、素材のもつ水分を活かして少量の水分や油で調理する無水調理。水に溶けだしてしまうビタミン、ミネラルやうま味成分の損失が少なく、栄養を逃しにくいのが特徴です。

「SR-MP300」があれば、わざわざ無水鍋を用意する必要はなく、火加減も気にせず簡単に無水調理ができます。

無水調理は、1~200分の範囲で設定できます。

無水調理を使ったメニュー例

  • 白菜と豚バラのミルフィーユ豆乳煮込み
  • 丸ごとなす
  • ミートソース
  • ラタトゥイユ
  • 野菜たっぷりのトマトカレー
  • かぼちゃの煮物

無水調理の定番はカレー。野菜だけの水分で作るので、旨味が凝縮されます。

④煮込み調理

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は圧力を使わない「煮込み調理」も可能です。

仕上げ調理などに!なべをかえずにそのまま煮込め、設定時間も自由に変更できます。

煮込み調理は1~200分の範囲で設定できますが、温度調整はできません。

蓋をする必要がないので、中の様子を確認しながらしっかりと煮詰めて照りを出したり、途中で調味料を追加することが可能です。

煮込みも出来るので、煮魚も好みの味付けに。
灰汁を取ったりアルコールを飛ばすのも可能です。

⑤自動調理と予約調理

時間の設定不要!材料を入れて、コースを選ぶだけで自動で調理を行います。

自動メニュー 予約可能
メニュー
自動
保温時間
手動
保温時間
  1. カレー
  2. 肉じゃが
  3. 角煮
  4. ヘルシースープ
  5. 玄米
  6. 黒豆
  7. 甘酒
  1. カレー
  2. 肉じゃが
  3. 角煮
  4. ヘルシースープ
  5. 玄米

※白米は予約不可
24時間
※予約調理のみ
自動保温に
切り替わる
24時間

電気圧力鍋「SR-MP300」の自動調理コースは「1~7」の数字からメニューを選択して「調理スタート」ボタンを押すだけ。

そのうち、5つのメニューは予約が可能ですが、白米は予約できないので炊飯器的な使い方は期待しないほうが良いと思います。

予約調理は、調理終了時間を3~12時間の間から設定できます。

予約調理の場合でも、食材が傷まない工夫がされているため夏場でも安心して使用できます。

安心な予約調理

電気圧力鍋「SR-MP300」は食材の「腐敗防止」の機能が搭載されている為、暑い夏場で予約調理をしても食材は腐りません。腐敗の恐れのある肉等のコースの場合、先に加熱してから腐敗しにくい温度帯で保存します。予約完了前に再加熱することで、殺菌すると共に料理をあたためおいしく召し上がっていただけます。

ひよこのアイコン画像ひよこ

予約機能を使えば、帰宅時にはすでに出来上がっている状態なので便利!

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」 使い勝手レビュー

使い方(操作方法)はとてもカンタン

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」 の使い方はとても簡単。

食材を入れてボタンを押すだけです。

  1. 材料を入れる
  2. 圧力と調理時間を設定してスタート
  3. できあがり
    ※料理によって、煮込み機能を利用ください。

80レシピを掲載したレシピブックもついてくるので、わざわざ自分でレシピを調べる必要もありません。

はじめてだと迷いがちな圧力調理の時間設定も、レシピブックですぐに分かり、慣れてくるとアレンジにも挑戦できます。
最初はレシピブックを見ながら調理するのがおすすめです。

概要動画

お手入れ

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は、蓋がガバッと外れ、丸洗い可能です。

食器洗浄機や食器乾燥機は使用できませんが、パーツも多くなく、パッキンなどの取り付けも簡単にできるのでお手入れは難しくありません。

洗えるパーツ一覧
  • なべ
  • ふた
  • おもり
  • 露受け
  • 蒸し板
  • パッキン

鍋はフッ素加工なので洗いやすいと思います。

また、ゴムパッキンなどは別売りもしているようなので、もしダメにしてしまっても本体を買い替える必要がないのは嬉しいですよね。

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」の評価と口コミ

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」はAmazonやYahoo!ショッピングでも高評価。

amazonで★4.4の評価。約8割の人が★4か★5で評価しています。

amazonカスタマーレビューは★4.4

価格.comでの評価は、★5満点中、★4.64

「電気圧力鍋」部門売れ筋ランキングでは424製品中、なんと第2位でした!(2020/05/19現在)

価格.comでは「デザイン」「使いやすさ」「機能性」「手入れのしやすさ」でまんべんなく高評価

全項目まんべんなく高評価ですが、中でも「機能性」の評価が一番高く★4.55でした。

SNSなどでの主要な口コミは

  • 容量的には二人から三人分くらいの調理ボリューム
  • コンパクトで軽くて扱いやすい
  • 料理の仕上がりは子どもにも大人にも受け入れられる正統派な味
  • お肉はトロトロに、魚は骨まで柔らかくなる
  • 他社の電気圧力鍋よりも美味しくできる!
  • レシピ集にも本器の操作手順が逐一書かれているので安心
  • 音が静かで、操作も簡単。高齢者や圧力鍋初心者でも使いやすい
  • 機能数が多すぎず少なすぎず、ちょうど良い
  • ゴムパッキンなどの部品の1つ1つがしっかりとした造りで長く使えそう

などがありました。

低評価のレビュー内容は、「値段が高め」「予約できるメニューが少ない」「炒め機能がないのが残念」などがありました。

しかし「前に使っていた電気圧力鍋とは次元が違うほど良い!」「料理の腕がなくても、急に料理上手になった。」など、味については高評価のレビューが多かったです。

詳しい口コミはこちら

あわせて読みたい
パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」の評価と口コミ <2~4人家族におすすめ。”ちょうどよさ&#82...
パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」の評価と口コミ <2~4人家族におすすめ。”ちょうどよさ&#82...パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は2019年7月に販売された電気圧力鍋です。2009年発売の「SR-P37」の後継機として、およそ10年ぶりに発売されました。「圧力調理」...

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」の価格レビュー

「SR-MP300」のメーカー希望小売価格はオープン価格ですが、家電量販店などでは33,000円程度で販売されているようです。

最安値は27,000円でした。(2020/05/19)

パナソニックの電気圧力鍋の

  • 「圧力調理」「無水調理」「煮込み調理」「低温調理(2段階)」が可能
  • 「圧力の調整」「炒め調理」はできない
  • 予約調理はできるが、5コースのみ(炊飯は予約できない)

という点を踏まえると、30,000円台はやや高めな印象。

この機能レベルなら、容量は少ないですがもう1万円安くアイリスオーヤマの電気圧力鍋「KPC-MA2」が販売されています。

また、30,000円前後であれば、象印の「煮込み自慢」の方がハイスペックだと思います。

ただ、国内メーカーの安心感があり、造りがしっかりしていることを踏まえると、値段は妥当だと思います。

例えば高齢の親や親戚にプレゼントするのであれば、海外製や知らないメーカーで特に電気圧力鍋だと怖がる方もいると思うので、このパナソニック「SR-MP300」が無難かもしれません。

少しでも安く買いたいのであれば、家電量販店よりもamazonや楽天などのECサイトで買うのがおすすめです。

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」レビューまとめ

この記事は、パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」について書きました。

出来ること

  1. 圧力調理:最大圧力は70kPa。圧力の調整はできません
  2. 低温調理:2段階のみ(70℃ / 85℃)
  3. 無水調理
  4. 煮込み調理
  5. 自動調理:7メニュー(カレー、肉じゃが、角煮、ヘルシースープ、玄米、黒豆、甘酒)
  6. 予約調理:5メニュー(カレー、肉じゃが、角煮、ヘルシースープ、玄米)

出来ないこと

  • 白米の予約調理(玄米は予約可能)
  • 炒め調理
  • 低温調理の細かな温度設定
  • 圧力レベルの手動設定

オーソドックスな電気圧力鍋で、電気圧力鍋の中ではミドルクラスな印象です。

これといった特徴はありませんが、最低限の機能は揃っており、誰でも使いやすい製品だと思います。

口コミでは

子どもにも大人にも受け入れられる正統派な味

使いやすい操作性

しっかりとしたパーツの造り

などが評価され、「高齢の方」「国内メーカーという安心感が欲しい」という方に人気でした。

こんな人におすすめ

  • 少し値段が高くても良いから、安心感が欲しい
  • やたら多機能でも使いこなせないので、機能数はそこそこで良い
  • 高齢者や機械音痴の方
  • 2〜4人の家庭

ひよこのアイコン画像ひよこ

日本人向けの「味」「使いやすさ」「安心感」が魅力の電気圧力鍋です。国内メーカーらしい、安心感のある製品だと思います。

\ もっとハイスペックな製品が欲しい /

\ 同じくらいの機能で価格の安い製品が欲しい /

\ なるべく安い電気圧力鍋が欲しい /

『買うか迷ってる…』という方は、レンタルするのもおすすめ

決して安くはない買い物なので、「買って失敗したくない!」という方も多いと思います。

「Panasonic 電気圧力なべSR-MP300」は、レンタルも可能です。

14泊15日で5,480円。使ってみて気に入れば、+20,000円で購入もできます。
じっくり試したいという方は、長期間借りることもできます。3か月借りれば、1ヵ月あたり3,000円!

購入前にレンタルしてみて、使いこなせるか試してみるのも良いと思います。

参考になった場合はクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる