キッチングッズ

トースターの寿命は何年?買い替えの目安は?

『あれ、トースターがうまく動かない。これって寿命?そもそもトースターの寿命ってどれくらい??』

トースターが正常に動かなくなったとき、寿命なのか、それともただの不具合なのか分かりづらいですよね。

この記事では、「トースターの平均寿命や寿命のサイン」、「寿命が来た時の対処法」「トースターの寿命を延ばす方法」などをご紹介します。

『我が家のトースター、もしかしたら寿命かも…!』と思っている方は、参考にしてみてください。

トースターの平均寿命は5~6年

トースターの平均寿命は5年〜6年だと言われています。

ただ、あくまで平均ですので、使用頻度、扱い方、お手入れの仕方などの違いによって、寿命は大きく変動します。

また、製品ごとの品質にばらつきなどもあり、10年以上も問題なく使用できる場合もあれば、1年も経たないうちに、故障して使えなくなる場合もあります。

トースターが寿命になったときの兆候(サイン)

トースターが寿命を迎えると、

  1. 温まらない・焼けにくくなる
  2. 異臭や異音がする
  3. 発煙する

といった兆候(サイン)が現れます。

サイン① 温まらない・焼けにくくなる

例えばヒーターが温まらなかったり、パンに焦げ目が付かない場合、

  • 差込みプラグを含む電源コードの断線
  • ヒーター部分の破損
  • 接触不良
  • 温度ヒューズの溶断
  • パンくずトレイに調理クズや油分などが残っている

などの理由で十分な温度で調理ができなくなった可能性があります。

多いのは電源コードやヒーターの断線です。断線してしまうと、電気が通らず熱も発生しません。例えコードは外から見て切れていなくても、中にある線が切れている可能性があります。

ヒーター自体が壊れている可能性もあります。
ヒーターはガラス管が多く、ヒビが入るともう使えません。

また、空焚きをしたり連続で何枚もパンを焼いたりすると、内部温度が高くなり過ぎてしまい「温度ヒューズ」と呼ばれる部分が切れてしまうことがあります。

他にも、パンくずトレイに調理クズや油分などが残っているせいで、焼ムラが起きたり焼けにくくなったと感じる場合があります。

この場合は故障ではないので、お手入れをすることで直る可能性があります。

サイン② 異臭や異音がする

トースターから変な音がしたり、焦げたようなにおいがする場合、

  • トースターにパンくずがたまっている
  • ヒーターなどの中枢となる部分が破損している
  • コードの接触不良や電気系統の不具合による部品の焼け付き

などが考えられます。

一番に考えられるのは「トースターにパンくずなどのゴミがたまっている」ということ。

臭いがした場合はまずトースター内に物が入っていないかを確認してみて下さい。もしかしたら、単に焦げた食べ物が残っているだけで、寿命ではないかもしれません。

この場合は、パンくずトレー・焼き網・トレー・庫内などを掃除して、パンくずを取り除けば、使用可能になります。

掃除をしても異臭がする場合、異音の原因が分からない場合は故障・寿命とみなしましょう。

もしかしたらヒーターなどの中枢となる部分が破損しているための症状かもしれません。
ヒーターの破損だった場合は、火事などの原因にもなり危険です。
特にプラスチックが焼けた臭いがした場合はすぐに使用をやめてください。

他にもトースター本体が焦げ臭いと感じた場合は、コードの接触不良や電気系統の不具合による部品の焼け付きが原因の可能性もあります。
この場合も発火の恐れがあるので使用はやめた方が良いでしょう。

サイン③ 発煙する

トースターからの発煙は、

  • トースター内のパンくずなどが焼かれて煙が出る
  • 調理物から落ちた油などがヒーターに付着して煙が出る
  • 熱が発生しにくい状態で無理に使用を続けている

などによって起こります。

トースター内のパンくずやヒーターに付着した汚れが原因の場合は、汚れを取り除くことで使用可能になる場合があります。

しかし掃除後も発煙の症状がおさまらない場合は、ヒーター自体の機能が低下していたりと、「熱が発生しにくい状態で無理に使用を続けている」のが原因だと思われます。

この場合は寿命(故障)ですので、使用は控えたほうが良いでしょう。

不具合が出たら、まずは掃除してみる

「温まらない・焼けにくくなった」「異臭や異音がする」「発煙する」この症状はどれも「トースターにパンくずなどがたまっている」ことが考えられます。

そのため、まずはトースターを掃除してみてください。

それでも不具合が解消されなかった場合は、寿命の可能性が高いでしょう。

トースターの寿命を延ばすには

トースターの寿命をのばす方法は2つ。

  1. 定期的にお手入れをする
  2. 正しい使い方をする


当たり前のことですが、意外ときちんと守っている方は少ないのかもしれません。

①定期的にお手入れをする

「パンしか焼かないし、たまにしか使わないから掃除はあまりいらない」と思っていませんか?

トースターは1回パンを焼くだけでも結構パンくずが落ちます。使用する度に掃除をするよう推奨している製品もあります。

汚れたまま放置しておくと、汚れが焼き付いて取れなくなったり、焼き上がりが悪くなります。また、庫内に落ちた食品カスやパンくず・飛び跳ねた油などは、発煙・発火の原因になります。

毎回掃除するのはめんどくさいと思いますが、トースターを長く使いたいのであれば、こまめに掃除をして綺麗に保ち寿命を長くさせましょう。

オーブントースターのお手入れをする場合は、

本体(外側、庫内)・とびら

薄めた台所用洗剤を染み込ませた布を軽く絞って汚れを拭き取り、乾いた布で水分を拭き取りよく乾かす。

焼き網・トレー・パンくずトレー

台所用洗剤とスポンジで洗い、水で洗い流しよく乾かす。

というようにしてお手入れしていきましょう。

詳しいお手入れ方法は、使っている製品の取扱説明書を読んでみてください。

もし取扱説明書を紛失してしまった場合は、ネットで「メーカー名 製品名(型番) 取扱説明書」と検索してみると、その製品の取扱説明書(PDF)が見つかるかもしれません。

②正しい使い方をする

トースターとしての正しい使い方をしていないとすぐに寿命がきてしまいます。
きちんと使用方法を守り、正しい使用方法をする事で長く使うことができます

必ずお持ちのトースターの正しい使い方を調べて使用し、寿命を延ばしましょう。

例えば、製品によりますが下記のような使い方をすると故障の原因となります。

  • ヒーター部分に食材や脂が落ちる乗せ方
  • 紙・プラスチック・シリコーン製の容器を使う
  • 空焚きする
  • 付属のパーツをきちんと取り付けない

肉、魚、フライなど油分を含むものを網の上で焼いたり、バターやジャムなどをもりもりに塗ったパンなどを焼くと、脂や食材が落ちたり、はねたりして発火・火災の原因になります。油分を含むものや網から落ちやすいものは、付属の受け皿や市販の耐熱皿を使用してください。

また、紙・プラスチック・シリコーン製の容器を使ったり、網に直接クッキングシートを敷いたりすると、発火・故障の原因になります。

他にも「パンくずトレーを取り付けない」「空焚きする」なども発火・故障の原因となるので、取扱説明書をきちんと読んだうえで使用するようにしてください。

トースターに寿命がきた時は修理?買い替え?

まずは保証期間を確認。期間内なら無償で修理・交換してくれる

新品で買った場合、だいたいメーカー保証が1年つき、家電量販店などで購入するとさらに3~5年保証をつけてくれる場合があります。

トースターに寿命が来たとしても、期間内であれば無償で交換・修理をしてくれるので、まずは保証期間を確認してみてください。もし保証期間内だった場合は、メーカーや購入店舗に連絡して見積もりを出してもらいましょう。

基本は無償で修理・交換をしてくれますが、修理業者が部品を持っていなかったりすると有償になる場合もあります。

保証期間外や急いでいる場合は買い替えがおすすめ

保証期間外だった場合、選択肢は「修理に出す」「買い替える」の2つです。

メーカーや購入した店舗、出張修理などに修理を頼むこともできますが、修理費に加えて送料などで1万円以上になることもよくあります。

使っているトースターに愛着があるのであれば、まずは見積もりもらってから「修理するか新しく買うか」を選ぶのも良いかもしれません。

個人的には、修理代に5,000円以上かかるのであれば、買い替えた方が良いと思います。

最近は高性能なトースターが5,000円以下で販売されていますし、もし長く使用している場合、修理した後すぐに他の部分に不具合が出てくる可能性もあります。

修理にかかる日数なども考慮すると、古いトースターを修理してまで使う必要性をあまり感じられませんので、新しいトースターを購入したほうが良いと思います。

トースターの買い替え候補(値段別おすすめ)

『トースターを買い替えよう!』と思っても、様々な価格帯でたくさんのトースターが販売されているので、どれを買えば良いか迷ってしまいますよね。

おすすめのトースターを、価格帯別でご紹介します。

【安い】5,000円以下のおすすめトースター

『あまり使わないけどないと困る』『なるべく安く済ませたい』『最低限の機能があればOK』という方は5,000円以下で探すのがおすすめです。低価格でもコストパフォーマンスに優れた製品があります。

個人的には、

  1. 火力を5段階で切り替え可能。パン以外にもピザやグラタンも調理できる。
  2. 直径20cmのピザをそのまま焼けるビックサイズ。

だと、何かと使いやすいと思うので、その条件にぴったりの製品を探してみました。

① 象印「こんがり倶楽部 EQ-AG22」(4,000円前後)

象印 こんがり倶楽部 EQ-AG22

火力を5段階で切り替えられるシンプルな高コスパモデルです。『とりあえず安くてそれなりに良いトースターが欲しい』という方におすすめです。


②タイガー魔法瓶 KAK-A100-W (4,000円前後)

タイガー オーブン トースター ホワイト やきたて KAK-A100-W Tiger

3,000円台で買える使い勝手の良いトースター。本体はコンパクトですが、庫内は広いのでトーストは一度に2枚、ピザは直径20㎝(8インチ)が丸ごと焼けます。


【ミドルクラス】5,000円~1万円のおすすめトースター

『味ももちろん大切だけど、スピードも重視!朝は忙しいからとにかく早く焼けてほしい!』

というふうに、「味」も「スピード」も求める方は、5000円~1万円の価格帯であれば希望に沿った製品があります。

③アラジン グラファイト トースター 2枚焼きモデル(10,000円前後)

アラジン グラファイト トースター 2枚焼きモデル

スピード重視。0.2秒の速さで一気に立ち上がり、90秒でトーストが焼けます。付属品の専用グリルを使えば、焼く・あぶる・蒸す・温めるなど多彩な調理が可能です。

④パナソニック NT-T500-K(7,000円前後)

パナソニック NT-T500

一度に食パン3枚を焼くことができます。表面は「サクっ」よりも「カリっ」に近い焼き上がりになるので、硬めのトーストが好きな人におすすめです。

【高級】2万円台のおすすめ高級トースター

『とにかく美味しいパンが食べたい!』『お惣菜や揚げ物、冷凍食品も美味しく温めなおしてほしい』

という方は、2万円以上の高級トースターもおすすめです。決して安い値段ではないですが、価格以上の価値があると思います。

⑤バルミューダ BALMUDA The Toaster(22,000円前後)

BALMUDA The Toaster

高級トースターブームの火付け役。どんなパンでも誰でも簡単に、焦がさずに、驚くほどおいしいトーストを作ることができます。

ちなみに我が家でもこのトースターを使っていますが、「とにかく最高!」一言です。特売の食パンが高級ホテルのトーストに仕上がります。炭水化物(焼きおにぎりやお餅)の調理もとっても上手です。

⑥シャープ ヘルシオグリエ AX-H2(20,000円前後)

シャープ ヘルシオグリエ AX-H2

大人気のウォーターオーブン「ヘルシオ」シリーズから、トーストや冷凍食品、お総菜の温め直しなどに特化したのがこの「ヘルシオグリエ」です。

  • パンだけでなく、お惣菜や揚げ物、冷凍食品の温め直しが美味しく仕上がる
  • トーストと一緒に目玉焼きやベーコンなど、色々な食材を同時に調理可能

といった、他のトースターにはない強みがあります。

高級トースターについて比較した記事はこちら。

まとめ

トースターの平均寿命は5年〜6年だと言われています。
ただ、使用頻度、扱い方、お手入れの仕方などの違いによって、寿命は大きく変動します。

  1. 温まらない・焼けにくくなった
  2. 異臭や異音がする
  3. 発煙する

といった症状があれば、寿命かもしれません。

しかし、寿命のように見えたトースターも内部を掃除することで正常な状態に戻る可能性もあります。内部の掃除ができそうであれば掃除をして、もう一度状態を見てみてください。

また、少しでもトースターの寿命をのばしたい方は、

①定期的にお手入れをする
②正しい使い方をする

を徹底しましょう。

結局、買い替えることになった場合は以下から検討してみてください。

参考になった場合はクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

ABOUT ME
ひよこ@香港駐妻
新米主婦の奮闘記。2019年6月から香港に住み始めました。キッチングッズ&美容グッズのレビューをひたすら書いていく予定。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA