【サイズ比較】電気圧力鍋の大きさを比較してみました【16製品】

電気圧力鍋は「圧力調理」をするため耐久性が必要です。

耐久性を持たせようとすると内壁に厚みをもたせることになり、結果、大きさに対して調理できる容量が少なめになりがち。

『見た目はこんなに大きいのに、思ったよりも食材が入らない!』なんてこともあったりします。

容量によって電気圧力鍋本体のサイズが大幅に変わるのはもちろん、同じ容量の電気圧力鍋でも、メーカーによってサイズが異なります

この記事では、日本国内で購入できる主要な電気圧力鍋のサイズを調べて一覧にしました。

サイズ感の分かる口コミなども載せているので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

目次

電気圧力鍋のサイズ一覧

※表は横にスクロールします。項目ごとに並び替えも出来ます
※ホットクックは圧力料理ができないので「電気圧力鍋」ではありませんが、「自動調理器」ではあるので、一応記載しています

メーカー/製品名調理容量   幅(cm)奥行き
(cm)
高さ
(cm)
3辺の
合計(cm)
象印
煮込み自慢(1.5L)
1.5L2937.52591.5
インスタントポット
Duo mini (3.0L)
2.7L2925.528.583
インスタントポット
Nova plus (6.0L)
5.7L35323198
ホットクック
KN-HW24E(2.4L)
記載なし
(満水容量:2.4L)
39.530.524.994.9
ホットクック
KN-HW16E(1.6L)
記載なし
(満水容量:1.6L)
36.428.323.287.9
ホットクック
KN-HW10E(1.0L)
記載なし
(満水容量:1.0L)
2230.52476.5
パナソニック
SR-MP300(3.0L)
2.0L29.227.82784.0
アイリスオーヤマ
KPC-MA2(2.2L)
1.4L28.228.621.378.4
アイリスオーヤマ
PC-MA2(2.2L)
1.4L28.227.421.376.9
アイリスオーヤマ
KPC-EMA3(3.0L)
2.0L29.327.628.485.3
アイリスオーヤマ
PC-EMA3(3.0L)
2.0L29.327.628.485.3
シロカ 
SP-4D151(4.0L)
2.6L26.528.228.383
シロカ 
SP-D131(2.0L)
1.3L 2223.824.970.7
ティファール
クックフォーミー
エクスプレス
CY8521JP(6.0L)
記載なし
(満水容量:6.0L)
383532.5105.5
コイズミ
KSC-4501 (3.0L)
※新型
2.0L27.53127.586
コイズミ
KSC-3501 (2.5L)
※旧型
1.6L 26282579

電気圧力鍋には「満水容量(=呼び容量)」と「調理容量」があります。

電気圧力鍋の製品名などについているリットル表記は「満水容量」のことが多いです。

実際に食材を入れられる量は「調理容量」です。調理容量は満水容量の2/3くらいの製品が多いですが、メーカーによって異なるので、購入前にはきちんと確認しておいたほうが良いと思います。

本記事では、調理容量が

  • 2.0L未満の製品:小さめサイズ
  • 2.0L~2.5Lの製品:中くらいのサイズ
  • 2.6L以上の製品:大きめサイズ

と設定しています。

それぞれのサイズ帯で詳しく比較していきます。

小さめサイズ(1~2人用)のサイズ比較

メーカー/製品名調理容量   幅(cm)奥行き
(cm)
高さ
(cm)
3辺の
合計(cm)
重量
シロカ 
SP-D131(2.0L)
1.3L 2223.824.970.72.7kg
アイリスオーヤマ
KPC-MA2(2.2L)
1.4L28.228.621.378.43.6kg
アイリスオーヤマ
PC-MA2(2.2L)
1.4L28.227.421.376.93.6kg
象印
煮込み自慢(1.5L)
1.5L2937.52591.57.0kg
コイズミ
KSC-3501 (2.5L)
※旧型
1.6L 262825793.8kg
ホットクック
KN-HW16E(1.6L)
記載なし
(満水容量:1.6L)
36.428.323.287.95.5kg
ホットクック
KN-HW10E(1.0L)
記載なし
(満水容量:1.0L)
2230.52476.53.7kg

本記事では、調理容量が2.0L未満の製品を「小さめサイズ」に分類しました。

小さめサイズ(1~2人用)の中で最もコンパクトなのが「シロカ SP-D131(2.0L)です。調理容量も最も少ない1.3Lなので、1人暮らしの方におすすめです。2人だと物足りないと思います。

コンパクトさに加えて重量も最も軽く、唯一3kg以下の電気圧力鍋です。

トースターと並べてみると、コンパクトさが良く分かります。
カラーは4種類もあるので、自分の家に合ったカラーが見つかるはずです

一方ホットクック「KN-HW10E(1.0L)」「KN-HW16E(1.6L」は容量に対してサイズが大きめ。

1.6Lサイズは横長で結構幅をとります。

ホットクックは調理容量の記載がありませんでした。
大体の電気圧力鍋は、満水容量の2/3程度が調理容量です。

そのためホットクックも
1.0Lサイズ:調理容量0.7L 
1.6Lサイズ:調理容量1.1L

程度かもしれません。

1.0Lサイズと2.4Lサイズでは大きさがかなり違います
1.6Lサイズは横に長いので意外とスペースと取るかもしれません。

炊飯器のような見た目の象印の「煮込み自慢(1.5L)

容量(1.5L)の割りにサイズも大きめ。そしてなんといっても重いです!

同じくらいの容量の他社製品は3kg台が多い中、象印はなんと倍の7.0kg!一瞬見間違いかと思うレベルで重いです。

ただ、機能数も多くハイスペックなため、個人的にはイチオシの製品です。

煮込み自慢は3合炊きの炊飯器より一回り大きめ。

煮込み自慢について詳しく解説した記事はこちら。

「コイズミ KSC-3501 (2.5L)」「アイリスオーヤマ KPC-MA2(2.2L)」「アイリスオーヤマ PC-MA2(2.2L)」はサイズも重量もほぼ同じ

「コイズミ KSC-3501 (2.5L)」は容量のわりにコンパクトで、そこまで重くもないので使いやすいと思います。

機能数は多くなく電気圧力鍋の中ではエントリーモデル。
「安くてそこそこ使いやすい電気圧力鍋が欲しい!」という方におすすめです。

コイズミの電気圧力鍋について詳しくまとめた記事はこちら。

アイリスオーヤマ「PC-MA2(2.2L)」「KPC-MA2(2.2L)」はハイスペックな電気圧力鍋です。

「低温調理」「無水調理」なども可能で、予約できるメニュー数も多いのでハイスペックな電気圧力鍋が欲しい方におすすめです。

アイリスオーヤマPC-MA2はスタイリッシュな黒で、キッチンにおいてもかっこいいです。
アイリスオーヤマ PC-MA2はホワイト。コンパクトなのでキッチンにも起きやすいです。

アイリスオーヤマの電気圧力鍋について詳しく知りたい方は、この記事も参考にしてみてください。

中くらいのサイズ(2~3人用)のサイズ比較

メーカー/製品名調理容量   幅(cm)奥行き
(cm)
高さ
(cm)
3辺の
合計(cm)
重量
パナソニック
SR-MP300(3.0L)
2.0L29.227.827.084.03.6kg
アイリスオーヤマ
KPC-EMA3(3.0L)
2.0L29.327.628.485.33.7kg
アイリスオーヤマ
PC-EMA3(3.0L)
2.0L29.327.628.485.33.7kg
コイズミ
KSC-4501 (3.0L)
※新型
2.0L27.53127.5863.9kg
ホットクック
KN-HW24E(2.4L)
記載なし
(満水容量:2.4L)
39.530.524.994.96.5kg

本記事では、調理容量が2.0L~2.5Lの製品を「中くらいのサイズ」に分類しました。
※「ホットクック KN-HW24E」は満水容量が2.4Lなので、もしかしたら調理容量は2.0L以下かもしれませんが、一応このゾーンに含めました

中サイズでは、「ホットクック KN-HW24E(2.4L)」が飛びぬけて大きい&重いです。かなり横幅を取ると思います。

猫ちゃんがすっぽり入る大きさ
お子さんと比べてみると、大きさが際立ちますね
大きい分、食材はたっぷり入ります

中くらいのサイズだと、他はどれも大体同じサイズ&重量です。

「パナソニック SR-MP300(3.0L)」が若干コンパクトだと思います。

「パナソニック SR-MP300」は電気圧力鍋の中では平均的なサイズです。
「パナソニック SR-MP300」と猫ちゃん。

パナソニックの電気圧力鍋を詳しく解説した記事がこちら。

ホットクックについて詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

大きめサイズ(3人以上用)のサイズ比較

メーカー/製品名調理容量   幅(cm)奥行き
(cm)
高さ
(cm)
3辺の
合計(cm)
重量
シロカ 
SP-4D151(4.0L)
2.6L26.528.228.3834.4kg
インスタントポット
Duo mini (3.0L)
2.7L2925.528.5833.9kg
インスタントポット
Nova plus (6.0L)
5.7L353231985.2kg
ティファール
クックフォーミー
エクスプレス
CY8521JP(6.0L)
記載なし
(満水容量:6.0L)
383532.5105.56.5kg

本記事では、調理容量が2.6L以上の製品を「大きめサイズ」に分類しました。

大きめサイズと言っても、

【3人向け】

【3~7人向け】

の2ゾーンに分かれると思います。

面白いことに、満水容量は「シロカ SP-4D151」が4.0L、「インスタントポット Duo mini」が3.0Lですが、実際に食材を入れられる「調理容量」はインスタントポットの方が0.1L多いのです。

ひよこのアイコン画像ひよこ

電気圧力鍋を購入する際は、満水容量だけでなく「調理容量」もしっかり調べた方がいいですね

「インスタントポット Duo mini」はパナソニックの電気圧力鍋と見た目&大きさがそっくりです。

「シロカ SP-4D151」も「インスタントポット Duo mini」も容量のわりにサイズは小さめです。サイズだけで見れば、中くらいのサイズに分類できると思います。

サクマ式ドロップスと並べると大きさが分かりやすいかも
キッチンに置いても、そこまで幅は取りません。

シロカの電気圧力鍋について、くわしくまとめた記事がこちら。

一方、「インスタントポット Nova plus (6.0L)」「ティファール クックフォーミー エクスプレス CY8521JP(6.0L)」はかなり大きいです。

両製品とも6.0Lを謳っていますが、調理容量は恐らく「インスタントポット Nova plus」の方が多いと思います。

ひよこのアイコン画像ひよこ

私は6.0Lサイズのインスタントポットを愛用していますが、2人暮らしの我が家にはデカすぎました…!

インスタントポットについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

クックフォーミー エクスプレスは電気圧力鍋の中でも最も大きいサイズなので、その大きさに驚く人も多いです。

クックフォーミーは大きいと言われる「ホットクック」よりもさらに大きいです。
ひよこのアイコン画像ひよこ

クックフォーミーを買う前に、まずは置くスペースがあるか確認しましょう

ティファール クックフォーミー について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

電気圧力鍋について、サイズ以外の項目でも比較しています。
どの電気圧力鍋を購入するか迷っている方は、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
電気圧力鍋の容量比較。本当の推奨人数を調べました(全機種)
電気圧力鍋の容量比較。本当の推奨人数を調べました(全機種)自分で購入する時に思ったのですが、電気圧力鍋はメーカー・機種によって容量が違うのでどれがちょうど良いのか分かりにくいですよね。選び方としては「何人で使うか」...
あわせて読みたい
電気圧力鍋の「低温調理機能」を比較しました。
電気圧力鍋の「低温調理機能」を比較しました。最近の電気圧力鍋には、圧力調理だけでなく「低温調理」機能がついている製品も多くあります。「低温調理」機能を目的にする人も結構いるのではないでしょうか?ですが...
あわせて読みたい
【電気圧力鍋の比較】 2020年おすすめは?
【電気圧力鍋の比較】 2020年おすすめは?圧力鍋といえば、短時間で美味しい煮込み料理が作れるのが魅力。ただ、一般的な圧力鍋だと、ガスコンロの直火で加熱するため、火加減や加圧時間、減圧、蒸らしなどの調...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる